2010年05月16日

「勝ち組」企業の七つの法則 森谷正規




★★★☆☆

印象
技術大国といわれている日本だけど近年は不景気で日本企業もあまり業績が良くなかったりしています。高度成長の時と今の時代の違いはどんなものがあるのでしょうか?
もし、高度経済のような好景気だとしてもあの時と同じような戦略ではきっと成功はしてないだろう。今と昔は消費者のニーズや隣国の経済状況も変わっています。

*****
1 「同じ」ものから「違う」ものへ
2 HOWではなくWHATに力を注ぐ
3 高くても売れるものを作る
4 ハードウェアを超えるビジネス展開へ
5 総合力は足すのではなく掛け合わせる
6 縦ではなく横の連携へ
7 環境と安全を味方にする
*****

読んでいくと日本の企業に足りなかったものがわかる。
日本は技術大国といわれるほど技術はとても評価が高いので日本独自のものを作っていくことでこのグローバル化の中でも生き残っていくことができるだろう。
posted by ナオキ at 23:03| Comment(0) | ビジネス・経済・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉


★★★★★

印象
とてもおもしろかった。会計と聞くとあまりなじみがないように思うが読んでみると意外と身近に自分の生活の中にも会計が潜んでいることがわかる。このことは題名にもあるように「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」でよく表現されている。
さおだけ屋の他にも、さまざまな身近な疑問を例に分かりやすく解説してくれています。
また、各エピソードごとにわかりやすみまとめもあり何回も読んで復習したい本です。

*****
「50人にひとりが無料」
このキャンペーン広告を見て、あなたなら感じるだろうか?
「へぇ、タダになるなんてすごいなぁ」
「50人にひとりじゃなかなか当たらないな」
「私だったら、50人にひとりでもけっこう当たる自信があるけど」
など、感想はあるだろう。
しかし、数字に対するセンスがある人は、そうゆう感情は決して持たない。
この時点で、数字のセンスがある人以外は、「無料に当たるかどうか」という観点でしか物事を考えられない。どうしても、「無料」という言葉にとらわれて過ぎてしまう。
 もちろん、「広告で無料をうたっているんだから、無料という言葉にとらわれても仕方ないじゃないか」という意見はごもっともである。
 しかし、この場合、広告主のほうは、無料ということについてたいして気にしていないのである。
ーーーーー
「50人にひとり無料」とは、「100人だとふたり無料」である。ということは、パーセンテージに直すと100分の2、つまり2%が無料。これを「広告主の立場」からみると「2%の値引きである。」
ーーーーー
たいして得ではないことを別の表現でいっているに過ぎないことがわかる。
*****

私も、これを読んだときに客としての視点でしか見ることができなかった。しかし、結論の2%の値引きと考えると全く喜べない広告ですね。
こんな広告他にも身近にたくさんありそうです。
よく考えると会計というのは企業や会社だけのものでないことはなく、個人が生活している限りお金を得たり使ったりするので興味がないはずがないですよね。
posted by ナオキ at 20:50| Comment(0) | ビジネス・経済・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週末起業 藤井孝一


★★☆☆☆

印象
今のままサラリーマンをしていてはダメだと思う人はたぶん少なくないだろう。でも、なにをしていいかわからない。そんなお金はない、そんな時間はない。たしかに昼間に働いて夜と週末だけ起業をしてみるというのは難しいと思う。しかし、この本の週末起業のメリットにもすごく納得できる。
本当に
変えたいと思う人ならぜひ参考にしてもらいたいと思う。

*****
「年収三百万円」はもはや他人事ではない
ーーーーー
これを人は「グローバル・スタンダード」といいます。日本企業は、国際競争の波にもまれ、どんどん世界水準に向かっており、人事制度だけが日本式を維持することはできないというわけです。こうしてサラリーマンの平均年収も、世界標準並みの三百万円前後になるという人までいます。  
*****

年収三百万円というのは現在ではそんなに的外れな数字ではないのではないでしょうか?この本が書かれたのは2003年ですがこのときから著者の藤井氏は現代のこの時代を予想していたということですね。
「グローバルスタンダード」と聞くと響きはいいですが複雑です。
posted by ナオキ at 20:40| Comment(0) | ビジネス・経済・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。