2010年05月31日

「生き方探し」勉強法 中山治



★★★★★

趣味・生きがい・なんのために生きているのか等、昔から言われていることですが昔からそんな文化ではない日本人が急にそんなことを言われても出来る人は少ないでしょう。
今一度、日々をより意味のあるものにするために教科書として読んでみるのがいいと思います。

*****
 人生を戦略的に生きるとは「人生の目的ないし目標をはっきり定める」ということです。戦略的に生きていない人は必ず目的や目標があいまいです。ただ流されていることが多いのです。戦略的に生きるということは、まず目的や目標をはっきりさせるということです。これが戦略的に生きるということのすべての出発点です。
 しかし、「人生の目的ないし目標をはっきりさせるとはいっても、おいそれと見つかるわけないじゃないか」という人がほとんどでしょう。そこが「流されやすい人」が陥る罠なのです。ことに若い人は具体的な目標が見つからないのは当たり前です。だからといって無目的に生きたのでは一生を棒に振る危険が高くなります。
 それゆえ、まずは漠然とした夢のようなものか抽象的なものでよいから、それを目標にします。夢であろうと抽象的であろうと、目的ないし目標を掲げることから人生戦略がはじまるのですから。
*****

夢のようなものを語れる人は大きくなるにつれて少なくなっている。これは周りがそのような環境になっているから仕方ないともいえる。夢を語る人はそんなことは出来る訳がない、バカじゃないかといわれるに違いない。このような環境になっているからこそ自分の夢を語れない。しかし、社会に慣れ合うにはこのようにしていく方がいいのかもしれないが、一度きりの人生それでいいのでしょうか。
もう一度自分の人生を見つめなおすことが必要になるだろう。
posted by ナオキ at 21:15| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。