2010年05月31日

キャリア転機の戦略論 榊原清則



★★★★★

印象として本の構成の仕方がとてもわかりやすい。何を論じるのか、例、まとめ、それぞれの比較。しっかり出来ていて読みやすかった。

*****
では、キャリアについて「戦略的」に取り組むべきことだという場合、それは一体どういう意味なのだろうか。以下ではまず、経営戦略論の一般的な議論で「戦略的」という言葉がもっている意味を列挙し、それとの連想で、キャリア転機を乗り越える際の要点を考え、事例から教訓をサグってみよう。
 組織や人間が「戦略的」である場合、一般論として、そこには次のような五
つの意味が含まれている。第一に「戦略的」という言葉は通常「短期よりも長期」にかかわって使われる。目先のことばかり考えている人を、戦略的な人とはいわない。
 第二に、「後手後手ではなく先手」ということが重要である。環境変化に振り回され後手に回っているだけでは戦略的にはならない。第三に、しかし先手を打つためにはそもそもビジョンや使命や目標が必要であり、それが第三のポイントである。逆にいえば、ビジョンや使命や目標といっためざすべき将来像を一切もたない人は、戦略的である必要はないのである。 第四に、メリハリをつけ選択するということが、戦略的であるか否かの別れ目である。白黒を明示し、選択し、あるいは優先順位をはっきり進めていく。そうでなくて「あれもこれも」と言っていると、全然戦略的にはならない。第五に、メリハリをつけ選択するとはいっても、逆説的な言い方になるが、そこに「自然な流れ」をつくるのが戦略的な取り組みの特徴である。
*****

 ここで示されている事例全てイギリスのものだが、学ぶべきものはたくさんあると思うし日本のケースでも応用できるはずである。
 また、一言で戦略といっても千差万別あり、年齢も違えば目標も違う。自分にあったキャリアアップの方法を「戦略的」に考える必要があるし、これからの人生に重要な意味を与えることになるに違いない。
 目標が明確にされていると同じことをやるにしても効率が明らかに違う。キャリアアップだけではなく他のことでにも「戦略的」な考えをすることは有効であるに違いない。
posted by ナオキ at 20:54| Comment(0) | ビジネス・経済・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。