2010年05月30日

キャリアアップの投資術 山本昌弘


★★★★☆

*****
そうした直接的にもたらされる金銭リターン以外の価値は、近年、ファイナンス理論でも例えばリアル・オプションとして計量化される。つまり、キャリアアップのための投資を評価する場合に考慮すべき要素は、初めにどれだけの初期支出が必要になるか(それを準備できるのか)、将来どれだけの確率でどれほどのリターンが純増すると期待されるのか(リスクは高くないか)に加え、収入という形では直接評価できないさまざまな要素をどの程度に見積もるか(結果が期待外れに終わっても許せるか)、ということであろう。個々のビジネスパーソンにとってこれらの三要素のウエイトをどのように取るかによって、具体的なキャリア計画が決まってくる。
*****

確かに学ぶことを投資と考える方法は正しいと思う。
ここでは、大学、ビジネススクール、専門職大学院などに焦点にあてているが、そう思うと今、私は学生であるから余計思うからかもしれないが学費以上にリターンが得れる状態になっているか?もしくは卒業後得ることができるのか?を考えさせられた。
極端にいえば支払った以上のリターンが得ることができないならばそこで学ぶ意味は薄くなるだろう。
また、失敗をした時のことを考えるとリスクとしてあるものはお金はもちろんのこと、時間は年単位で必要になるのでお金よりもリスクが大きくなるかもしれない。しかし、引用した分にもあるように満足感や人脈、仲間が出来たなど計量化出来ないものもあるので一概にはそう言えませんが…。
このように考えるとやはり重要になるのはキャリアをどうしたいのか?5年後、10年後のことを考えてさまざまな選択肢を効率よく選ぶことになると思います。
posted by ナオキ at 21:12| Comment(0) | ビジネス・経済・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。