2010年05月29日

賃金デフレ 山田久



★★★★☆

*****
すなわち、近年、アジアの工業化が進展してきたことで、AV製品、半導体、カジュアル衣料品等、かつてアジア地域のなかではわが国に生産の優位性があった工業製品の多くが、他のアジア諸国においても同様の品質で生産可能になってきた。この結果、わが国からの輸出が現地生産に代替されたり、海外生産拠点からの逆輸入品の増加を含め輸入浸透度の上昇がみられる。このようにしてわが国の製造基盤が縮小傾向にあることが、生産性伸び率の鈍化に示される製造部門の成長力の構造的な低下につながっていると考えられる。
*****

最近のアジア地域の目覚ましい発展の副作用というか日本に対しての悪い影響がこのような形で現れている。
しかし、これは必然である現象ではないと思う。
アジアの発展は予測できていたことで他の先進国でもさまざまな政策がされている。
どの政策も一長一短があるがいかにこの不利な状況を抜け出し、逆にいえば中国・インドなどの人口が世界的にもかなり地域が近くあるというメリットをどのように好転できるかにかかっているかにかかっているのかと思う。
また、デフレスパイラルといわれる経済が落ち込んでいく中での、正社員と非正社員、各世代の経済格差にも言及されていて、日本は世界的にみると失業率は低いままであるが賃金が下がるという状況であること。
ニュースなどで発表されている数字とは少し異なる現状を理解する必要性があると感じた。
posted by ナオキ at 21:46| Comment(0) | ビジネス・経済・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。