2010年05月25日

ジャパニーズドリーマー 米倉誠一郎



★★★★☆

印象
マイクロソフトのビルゲイツ、楽天の三木谷社長などこのような大企業の社長に自分がなれると思う人はごく少数の人だとおもいます。しかし、当たり前ですがこのような人たちは決して最初からこのような成功をおさめたわけではないに決まっています。だとすれば、自分もこのような人たちを越える力は十分にもっていることになります。
 頭ではわかっているけど実際は自分にはムリだ。できないと思う人が多いでしょう。私もその一人です。
だからこそ、たくさんの人生をより楽しく変えることのできた話は読んでいてこちらもわくわくしてきます。

*****
そうゆう視点で、身の回りを見渡すと、結構自分たちの道をしっかり歩んでいる人がいることに気づく。そうした人たちが自分たちとまったく違った人間かというとそんなことはなく自分たちと同じような人たちである。同じような環境に生まれ、同じような教育を受け、同じような価値観を受けついてきた人たちである。
 しかし、ほんの少しの勇気やチャレンジ精神。「自分がやらなくていったい誰がやるのだろうか」といった当事者意識。そして「自分は何のために生きているのか」という問いかけが、彼らをして新しい生き方を歩ませている。本書の第一の目的は、こうした普通だが新しい生き方を始めた人々を紹介し、日本のロールモデルによりより多くの選択肢を増やすことである。
*****

極端な話になるが自分の隣にすんでいる人がなんらかのきっかけで新しいことをやってみようとする。その人はとても努力して事業が成功するとすると、その話を聞いて自分にもできるのではないかと思わないだろうか?
 自分にもできるのではないかと思えばそれが新しい生活の第一歩になるに違いありません。
posted by ナオキ at 20:45| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。