2010年05月24日

コンプレックスに勝つ人、まける人 鷲田小彌太



★★★★★

印象
コンプレックスという誰でももっているものに対して、コンプレックスに勝てる人はハングリー精神がある。とコンプレックスに負けた人は妬み・嫉妬といったコンプレックスに勝つこと、負けることは大きな差があります。

*****
 人から認められたいのであれば、人の悪口はいわないこと。自分から人を認めるようにしたいですね。そうすれば、おのずと受け入れてくれる人が出てくるものですよ。
 くりかえしますが、認められたい欲望は、コンプレックスのなかでもいちばん底流にある感情です。でも、それは正常な感情でもあります。
 認められたいからこそ、私たちは努力することもできます。しかし努力の結果、報われなかったら恨みも生じます。そのために争いになったりすることもありますね。それは人間の自然な感情ですから、押しとどめることはできないのです。
*****

コンプレックスはない方がいいに決まっている。たしかにコンプレックスがない自分を想像すると完璧な自分を想像すると思いますが、それは同時に努力すること、相手の気持ちを理解することがおろそかになることと背中合わせのような気がします。
コンプレックスを受け入れることが出来る人がコンプレックスのない人を越えれる唯一の方法だと思う。
posted by ナオキ at 21:59| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。