2010年05月18日

お金で騙される人騙されない人 副島隆彦



★★★★☆

印象
資産運用・株・投資の話を書いた本はたくさん読んできただ今までにないタイプの本だと思う。今までの本は夢を語るというか儲け方を書いた本であったの対し、この本は現実的な事、むしろ株や為替はリスクが多すぎて儲からないといった内容である。
読んでいて気持ちいいのは儲かる話だが、この本の言っていることは納得できることがおおく、実際に資産運用・株・為替でもうけている人と損している人を比べると存している人が多いことからもこの本の方がよっぽど現実的な事が書かれているに違いないと思った。

*****
金融商品はシロウトからお金を巻き上げるためにあるもの
 こうゆうことは、プロの金融マンたちの世界では、薄々気づかれていることです。ところが、誰も本当のことを書こうとはしません。誠に恐ろしいことです。私自身も、これらの超高級な金融工学の手法を使って組み立てられ作られる金融詐欺商品の細かい仕組みはわかりません。しかし、大きく言えば、こうゆうことです。
*****

最近よくCMなどで言われている資産運用とは損をするためのものなのか。そうすると政府まで詐欺の手伝いをしているような感じがして憤りを感じます。
国をも信用できなくなるとなにを信用していいかわかならくなります。疑うことは大切だが銀行、証券、保険の営業マンはプロですから私たち素人が太刀打ちできないだろう。そうなると身動きとれなくなりそうです。
posted by ナオキ at 20:31| Comment(0) | 投資・資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。