2010年05月16日

「勝ち組」企業の七つの法則 森谷正規




★★★☆☆

印象
技術大国といわれている日本だけど近年は不景気で日本企業もあまり業績が良くなかったりしています。高度成長の時と今の時代の違いはどんなものがあるのでしょうか?
もし、高度経済のような好景気だとしてもあの時と同じような戦略ではきっと成功はしてないだろう。今と昔は消費者のニーズや隣国の経済状況も変わっています。

*****
1 「同じ」ものから「違う」ものへ
2 HOWではなくWHATに力を注ぐ
3 高くても売れるものを作る
4 ハードウェアを超えるビジネス展開へ
5 総合力は足すのではなく掛け合わせる
6 縦ではなく横の連携へ
7 環境と安全を味方にする
*****

読んでいくと日本の企業に足りなかったものがわかる。
日本は技術大国といわれるほど技術はとても評価が高いので日本独自のものを作っていくことでこのグローバル化の中でも生き残っていくことができるだろう。
posted by ナオキ at 23:03| Comment(0) | ビジネス・経済・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。