2010年05月11日

大人のための勉強法 和田秀樹



★★★★☆

印象
おもしろい本だと思った。大人が勉強する時は学生の時の勉強とたくさんの異なることがある。時間や社会的な制約、学生の時のように明確な目標が見えなくなることなど。
著者の和田氏の精神分析の観点から精神面の考え方がすごく有効な方法が多いと思った。

*****
 時間を作る方法は、私は原則的に二つしかないと考えている。
 一つ目は、無駄な時間を減らすことである。このテクニックについては、第3章で説明させてもらおう。
  二つ目は、単位時間あたりの能率を上げることである。一時間を二時間に延ばすことはできないが、一時間で二時間分の勉強をすることは工夫次第でできる。勉強という観点で見れば、三時間が六時間に化けるのである。
*****

この二つをいかに最大限までひきだせるか。
毎日が暇である人は少ないだろう。その中で時間を作り出すことは難しいかもしれないがなんとなくテレビを見ていたり、休日は昼間で寝ているなど、探せば見るけることはできると思う。また、能率を上げるためにやる気などを含めた精神的なものから肉体疲労などの物理的なものもどちらも万全ですることで、同じ時間でも能率を上げてできるだろう。たとえばやる気がでない時や気がかりなことがある時は能率が下がってしまうだろう。だからこそ、無理のない勉強法が求められる。

また、興味深い内容がもいう一つ。
動機付けについての話だが、好きだから、誉められたいといった内的動機付けと、いい大学に入れる、給料があがるといった外的動機付け。どちらがいいのかの議論の話で内的動機付けのほうが、いいという人もいるなか、著者の「勉強の動機付けというのが本当に必要なのは、必要に迫られて、あまり楽しいと思えない勉強をしなければならない場合だからである。」というセリフは深いと思った。
posted by ナオキ at 20:26| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。