2010年05月06日

天然ブスと人工美人どちらを選びますか? 山中登志子


★★★★☆

印象
まず、題名がおもしろく興味がひかれた。気になるけどわからない。そんな感情は確かにあった。
この本は著者の多くの体験が元になっている。それだけに飾らない言葉というかその通りと共感できる言葉や考え方が多かった。読んでいて非常におもしろかった。

*****
天然ブスと人工美人のどっちを選ぶ?
ーーーーー
いちばん多かったのは、どちらも答えない人だが、いちばん興味深かったのは、天然ブスという返答が一つもなかったことだ。十数人のサンプル調査にすぎないが、男はやはり美人が好き、ブスではダメなのだ。
*****

確かに、この質問をされると非常に困る。これと関係して、もっともな考えと思われるセリフがあった。
「整形も別にやったっていいじゃない。・・・自分の彼女じゃなければね。整形女、大嫌い。でも、理解はするよ。」
私は男でこの意見にはすごく賛成できる。おそらく女の人の立場でも多くの人はこう思うのではないだろうが。
しかし、ブス論、美人論を語ったとしても顔で全て決まるとはとてもいいがたい。顔はあくまできっかけを作るのに便利な武器ではあるが、実際美人とはいえない女性タレントに人気が出たり、美人なのに評判はよくない人もいる。
このテーマは非常におもしろく、非常に難しい,,,
posted by ナオキ at 13:52| Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。