2010年04月30日

新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか 樋口弘和


★★★☆☆

印象 
全体的にためになると思う。(特に今就活に興味があるから)
しかし、ポイントが多すぎるのでもっとも主張したいことがわかりにくい。
いい点
学生にはわからない企業側の面接の意図がわかる。
対策というわけではないがどんな学生が採用されるのか?
また、学生時代にしておくべきこと。しなくてもいいことがなんとなくわかる。自分はまだ大学生なので、入社するときには面接・教育がしっかりしている企業に入りたいと改めて思った。

*****
現代の管理職がいかにして部下育成を行うかの原理原則
@部下の仕事を奪わない
A仕事を振るのはダメ
B上手くいかないのは当たり前
C尊厳をもつ
ーーーーー
まずは「ダメ人材」をつかまない!
@急増する草食獣
A受験勉強だけのスペシャリストに要注意
B語学力や資格に弱い日本人
C二浪、二留以上はリスキー
D頑ななマイペース学生
E家庭教師、塾講師はアルバイトの王道だが・・・
F情報メタボな若者たち
Gマニュアルを鵜呑みにする「ハウツー君」
H誰もが採用したくなるルックス
I幻想にすぎないキャリアビジョン
*****

実際、本にはそれぞれが詳しく書いてあるが共感できるものがあっただろうか?
新入社員、学生ならば入社した時にこんなことをしてくれれば・・・
新入社員を向かい入れる立場の人ならばこんな新入社員はきてほしくないなぁ・・・
など、きっと共感するところがあると思います。
思っていた会社(人)と違うというようなミスマッチが解消出来ればいいですね。
posted by ナオキ at 22:29| Comment(0) | 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。